発達障害ユーの人生逆転ブログ

ADHDと診断されたユーが、研究挫折・就活失敗・うつ発症から、人生を逆転させる知恵を広めるブログ。うつ脱出、実用本の解説、ライフハック、研究室生活についての情報を伝えていきます。毎週土曜の朝6時に更新+不定期更新。

【就活・自己分析】自己分析難しい!→他己分析のススメ  

三行早見
  • 他己分析で他者から見た自分が分かる
  • 面接・ESで使えるエピソードが増える
  • 4つの質問:得意・苦手・目立つ・優秀

 

就活をしてると、自己分析の難しさに戸惑いませんか?

「自己分析とか分かんないよ!誰か助けて!」

そんな状態になっていませんか?

少なくとも就活中の私はそうなっていました。

そこで、開き直って「誰か=友達」に「助けて」もらったら。

なんと、自己分析がメチャメチャ深まったんです。

というわけで、今回のテーマは他己分析のススメ

本記事では、他己分析のメリットと、具体的なやり方が分かります!

他己分析のメリットから、さっそく見ていきましょう!

 

他己分析で他者から見た自分が分かる

他己分析で、他者にとって自分はどんな人間に見えるのかが分かります。

これ、けっこう重要な気付きになるんですよ。

例えば、自分で思っている個性が、実はあまり目立っていなかったり。

あるいは、自分で思いもしない点が、他者にとっては重大に感じられていたり。

このような気付きは、ESや面接で非常に高い効果を発揮します。

そう、自分で思う印象や強みと、相手に与える印象や強みに、整合性を持たせられるのです。

逆に、「なんか言ってることと印象が違うな…」という現象も防止できます。

さて、他者視点の自分が分かったところで、それを面接やESに活かす方法を伝授します!

 

面接・ESで使えるエピソードが増える

他己分析は、面接やESに直接使えます。

というのも、他者が見ている自分について聞くと、使えるエピソードが付いてくるからです。

例えば、「私の得意そうなことって何?思い当たるエピソードも教えて!」と聞いたとしましょう。

これに対する相手の返答は、こんな感じになるでしょう。

「人の間に上手く立つことかなぁ。ほら、サークルの会議でバチバチしてた時、A君とB君の間を取り持ってたじゃん。」

ここから、面接やESでは、次のようにそのまま使えます。

  • ポイント→人と人とを繋ぐような仕事をしたい。
  • 理由→人の間に上手く入るコミュニケーション能力があるから。
  • 具体例→サークルの会議で激論を交わしている二人を仲裁して、議論を円滑にした。

このように、すぐさま使えるエピソードが出てくるのが他己分析の良いところです。

さらに、出てきたエピソードをもとに、さらに強力なエピソードはあるか、経験を洗い出すきっかけにもなります。

ここまでで、他己分析の有効性をご理解いただけましたか?

続いては、どうやって他己分析をやるのかお話ししましょう。

 

4つの質問:得意・苦手・目立つ・優秀

他己分析は、自分をよく知る相手に、4つの質問をぶつけます。

相手は、家族や、親しくしている友人・先輩・後輩など。

そして、4つの質問と、それにより得られる情報は次の通りです。

  • 得意そうなことは?→長所、アピールポイント、興味の核
  • 苦手そうなことは?→短所、「不正解」=自分の避けるべき仕事
  • 目立つところは?→自分の印象(プラスマイナス両面)
  • 優秀だと感じるところは?→特に強い長所、実績

これらの質問で、その人から見た自分を、網羅的に理解できます。

知り得た情報から、自分の戦略を組み立てていきましょう!

 

まとめ

他己分析のメリットと方法を、改めて振り返りましょう!

他己分析で、他者から見た自分を理解できます。

さらに、面接やESで使えるエピソードを得られます。

他己分析に必要な質問は4つ、得意・苦手・目立つ・優秀。

このように、他己分析を通じて自己分析を深められ、おまけに面接・ES対策にもなるのです!

 

さて、本記事の締めくくりとして、他者にする質問文のテンプレを作りました。

(一人称は必要に応じて変えてください。)

ーーーーーーー以下テンプレーーーーーーー

唐突ですが、私(または僕、俺)をよく知る○○(相手の名前と敬称)に、就活で使うための他己分析をお願いしたいです!

都合のいい時に、私(または僕、俺)についての4つの質問に答えてもらえると助かります!

(些細なことでも、「こんなエピソードあったよね」と教えてもらえると、とてもありがたいです!)

・得意そうなことは?

・苦手そうなことは?

・目立つところは?

・優秀なところは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず、手始めに一人だけ!

これをコピペして、LINEで友達に送ってみるところから、始めてみませんか?

 

 

就活記事の目次はこちら ←就活の本質的な戦い方、全て網羅しています!