発達障害ユーの人生逆転ブログ

ADHDと診断されたユーが、研究挫折・就活失敗・うつ発症から、人生を逆転させる知恵を広めるブログ。うつ脱出、実用本の解説、ライフハック、研究室生活についての情報を伝えていきます。毎週土曜の朝6時に更新+不定期更新。

【就活・企業研究】業界はIT系だけに絞っていい!  

三行早見
  • 需要が現在あり、将来伸びる
  • 汎用性が異様に高い
  • 能力が身につくのが速い

 

「色々な業界を見てるけど、どこにしようか迷ってる」

もしかして今、そんな状態じゃありませんか?

結論から言うと、IT業界一択に絞るべきです。

僕も、業界を迷っていました。

「自分の進みたい業界なんて分からない」状態でした。

そこから、戦略的に考えて、IT業界に絞って大成功しました。

なぜIT業界だと成功できるのか?

まずは、IT業界の現在の需要から、話を進めていきましょう。

 

需要が現在あり、将来伸びる

IT業界には現在需要があり、将来的にも需要は伸びていきます。

まずは現在の数字を見てみましょう。

経済産業省によると、2020年現在でIT人材は40万人不足しています。

ということは、ITを現時点で使える人材は、就活で明らかに有利だということですね。

どれくらい需要があるか、例えば「Python 転職」と検索してみると分かりやすいです。

転職でも月収50〜100万円、単発の仕事でも数十万円規模の仕事がゴロゴロ出てきます。

続いて、将来的な需要の伸びについて。

同じく経産省によると、2030年にはIT人材の不足が80万人にまで増えるようです。

そして、AI人材の需要が増えていくことは、昨今のAIブームから明らかですよね。

さて、このように需要がとても大きいことが分かりますが、それに加えてIT系は汎用性が高いのも特徴です。

 

汎用性が異様に高い

IT系のスキルは、汎用性が異様に高いです。

例えば、プログラミングを学んで、社内システムを作れるようになったとします。

社内システムはどんな会社でも基本的な内容が同じです。

ということは、最初にいたのがIT系の企業でも、転職の際に別業種の社内システム担当になれます。

例えば、転職先に、食品系やメーカー系など、全然畑違いの会社へ行けるのです。

これは、例えば食品系でずっと食品製造に関わっていたり、メーカーで自社の製品開発に携わっているような立場では、ありえない選択ですよね。

また、もっと広く「情報を扱う」という観点から考えてみましょう。

例えば、ホームページを作成したり、アプリ開発を行う能力がある場合。

どんな会社でも、ホームページは必要ですね。

アプリは、ある会社のサービスを広めたり、何かの業務を効率化する上で必須ですね。

ということは、IT系でも、そこから別業種に転職しても、ホームページ管理や、アプリ開発を行えます。

さらに、プログラミングの強力さをお教えしましょう。

Pythonというプログラミング言語がありますね。

Pythonを使えると、Webアプリ開発、AI開発、分析など、とても幅広い分野に応用できます。

Webアプリ、AI、分析、どれも全業種で使われるものですよね。

他の業種で、ここまで手広く使える能力が磨けるものは、まずありません。

さて、IT系の汎用性の、異様な高さが目の当たりにできたと思います。

しかしそれだけに留まらず、能力の成長速度も速いのです。

 

能力が身につくのが速い

IT系のスキルは、身につく速度が速いという特徴を持ちます。

例えば、ホームページ作り。

知識ゼロの状態から、1週間でホームページを作れるようになります。

人に話せる実績が、1週間で出せるものって、あまりありませんよね。

他には、よく広告で見ませんか?

「4ヶ月プログラミングスクールに通って、未経験からエンジニア転職!」

私の兄は、実際にこのような、未経験からエンジニアへの転職を成功させています。

あるいは、私がインターンへ行った会社では、こう言われました。

「半年みっちり研修して、もう半年から1年ほどOJT、そうやって、一年半以内で一流のエンジニアに育て上げる」

このように、使える能力が短期間で身につく業界は、IT業界だけと言っても過言ではないでしょう。

 

まとめ

IT系の能力は、需要が現在あり、将来伸びます。

また、汎用性が異様に高く、能力が身につくのが速いという特質も持ちます。

IT業界への就職、魅力的じゃありませんか?

もしあなたが、「確固たるやりたいこと」を持っているのなら。

きっとその方向へ進めば、熱意を持って仕事を成功させるでしょう。

でも、もし「やりたいことなんて分からない」状態なら?

伸ばせる能力の市場価値を軸に、就活を進めましょう。

戦略を練って、私のように就活で大成功できますよ。

 

就活記事の目次はこちら