発達障害ユーの人生逆転ブログ

ADHDと診断されたユーが、研究挫折・就活失敗・うつ発症から、人生を逆転させる知恵を広めるブログ。うつ脱出、実用本の解説、ライフハック、研究室生活についての情報を伝えていきます。毎週土曜の朝6時に更新+不定期更新。

Hack 11: 自殺・うつ予防ハック  

三行早見

  • 初級:何もできない時をしのぐ準備を、元気なうちにしておく
  • 中級:無理やり外界と接触する機会を作っておく
  • 上級:自殺を止めてくれる人を確保し、その存在を脳に刷り込む

 

さて、このページをご覧になっているということは、あなたはうつで、自殺を考えているのかもしれません。

今現在自殺を考えているなら、この記事ではなく前の記事を読んでください。

このハックは、急性期には役に立ちません。すぐに休んでください。

このハックは、うつ経験や自殺願望を持った経験のある人が、元気なうちに行っておくべきものです。

これらを行うと、うつが極端になって、何も動けない時・あと一歩で自殺する時の生存確率を上げられます。

初級、中級、上級に分けて、ご紹介いたしましょう。

 

初級:何もできない時をしのぐ準備を、元気なうちにしておく

何もできない時をしのぐ準備、具体的には食料の確保を、元気のあるうちにしておきましょう。

カロリーメイトがオススメです。

箱を開けて袋を裂けば食べられますから。

あれを10箱、常時枕元に置いておきましょう。

これで死なずに済みます。

冷凍食品もオススメです。

買って、とりあえず冷凍庫にぶち込んでおきましょう。

チンする手間はあるものの、カロリーメイトよりマトモな食事を摂れます。

マトモな食事を摂りたいと思えるくらい、少しだけ回復した頃に効果的です。

 

中級:無理やり外界と接触する機会を作っておく

続いては、無理やり外界との接触機会を作っておくという方法です。

例えば、部活動やサークル、スポーツクラブなど。

所属している限り、定期的に行われる活動に参加することになります。

これは、うつになりかけている時に、外へ出て改善するきっかけとして大いに役立ちます。

加えて、運動をする団体だと、運動が脳に正の影響を与えるため、特にオススメです。

私自身も、研究室うつを克服する第一歩として、所属していた運動部を使えました。

あるいは、両親や兄弟姉妹、祖父母や伯父伯母。

家族関係が良好なら、精神がヤバくなり始めの時に、定期的に会いに行くと連絡してしまっておくと吉です。

連絡済みなら、たとえ精神がヤバくても結構な割合でたどり着けるし、もし行けなくても心配してもらえます。

特に、祖父母はオススメです。

大抵の場合、孫が来ると可愛がってくれるものなので、自己肯定感や自己の存在意義を確かめられるので。

 

上級:自殺を止めてくれる人を確保し、その存在を脳に刷り込む

自殺を止めてくれる人を確保し、その存在を脳に刷り込みましょう。

この方法は、最も効果的ですが、同時に最も難しいことでもあります。

まずは、何らかの人間関係の中で、信頼できる友人を作ります。

その人に日頃から自分の弱さを見せておき、自殺したくてヤバい時には頼らせてほしいとお願いしておきます。

ヤバい時に電話できると良し、可能なら家に来てもらえると最強です。

その上で、その人の存在を、自殺したい時は何を置いても連絡すると、自分の脳に刷り込んでおきます。

さて、その友人ですが、信頼がおけるかという点に加えて、性格を考慮しておく必要があります。

望ましいのは、「生きててほしい、死んだら嫌」だから止めてくれる友人。

危うい時に、感情的に止めてくれて、親身に励ましてくれます。 

方法論や精神論で説得してくる友人は、急性期には避けましょう。

次の記事で、頼るべき人と頼るべきでない人のガイドラインを示します。)

 

まとめ

何もできない時をしのぐ食料の準備をし、無理やり外界と接触する機会を作っておき、自殺を止めてくれる人を確保して脳に刷り込んでおきましょう。

段階を追って達成が難しくなっていきます。

ですが、段階を追って効果が高まるのもまた事実です。

一歩ずつ、少しずつの準備で構いません。

まずは、カロリーメイトを買い込む所から始めてみませんか。

これらのライフハックで、うつや自殺との戦いを、しのぎきりましょう!