発達障害ユーの人生逆転ブログ

ADHDと診断されたユーが、研究挫折・就活失敗・うつ発症から、人生を逆転させる知恵を広めるブログ。うつ脱出、実用本の解説、ライフハック、研究室生活についての情報を伝えていきます。毎週土曜の朝6時に更新+不定期更新。

自殺したい、死にたい、そう思ったら  

三行早見

  • 休みまくろう、そして少しだけ食べよう
  • どん底は、じきに過ぎ去ると、ぼんやり思う
  • 経験談:研究室で闇落ちしても、恋人を取られても、休んでなんとかなった

 

さて、このページをご覧になっているということは、あなたは自殺を考えているのかもしれません。

あるいは、自殺をする一歩手前かもしれません。

私も、ADHDの二次障害からか、かれこれ何百回と自殺を考えました。

何度も自殺を希求し、なぜ今でも生き残っているのか不思議なくらいです。

そんな私が、自殺寸前で、時間をかけて自殺願望の苦しみを軽減した方法をご紹介します。

とりあえず第一に、休みまくりましょう。

 

休みまくろう、そして少しだけ食べよう

休みまくりましょう。

今は、きっとものすごく苦しい時期なのだと思います。

精神をその苦しみに慣らし、耐えていくには時間も気力も必要です。

だから、その間は何もしなくていい。

課せられた義務も何もかも、一旦放り出しましょう。

死ぬ寸前の人間にできることなど、ほとんどないのですから。

ずっと寝て、休んでいればいいのです。

そして、なんでもいいので少しだけ食べましょう。

カロリーメイトなんかがオススメです。

 

どん底は、じきに過ぎ去ると、ぼんやり思う

どん底はじきに過ぎ去ると、ぼんやり思っていると良いです。

休んでいる最中に、なんとなく、少し思うだけでいいです。

きっと今は、精神的にものすごく追い詰められた時期なのでしょう。

苦しくて、何もできない、どん底でしょう。

でも、人生は海のようなものです。

荒波の後には、穏やかな凪がやってきます。

ぼんやり海を想像してください。

凪いだらいいなと思いながら、荒波の中で沢山眠りましょう。

 

経験談:研究室で闇落ちしても、恋人を取られても、休んでなんとかなった

少し、経験談をしましょうか。

私は、複数回のどん底を経験しています。

例えば、研究室で最も弱い立場に置かれて、教授にプレッシャーで潰された時。

例えば、仲間だった男に、結婚を考えていた恋人を取られ、そのうえ大事にしてきた沢山の友人関係を崩壊させられた時。

その時期、私は常に思っていました。

今死ねば、この苦しみから逃れられる、と。

それでも、私は死にませんでした。

死ねませんでした。

きっと、死ぬのにも気力が足りないほど、あまりに弱りきっていたからだと思います。

そうやって、死ねないままぼんやりと休み続けた結果。

ほんの少しずつ、気力が回復し、行動ができるようになっていきました。

そして、研究をなんとかして、大学卒業にこぎつけました。

今では、裏切りの傷は古傷が痛む程度になり、友人関係もそこそこ修復できました。

苦難が起こった時期は、荒波どころか津波に全てをさらわれていました。

それでも、沢山休んだら。

少しずつ、ほんの少しずつ。

海は平静を取り戻していきました。

 

まとめ

どん底の時は、何も考えられません。

何もできません。

だから、沢山休んでください。

少しだけでいい、食べてください。

時が来たら、そのどん底は過ぎ去るかもしれない。

傷を抱えながらでも、動けるようになるかもしれない。

そうやって、ぼんやり凪を思いながら、沢山寝ましょうよ。

もしあなたが、今すぐに自殺をしたいような精神状態なら。

ここでこの記事を読み終えて、パソコンもスマホも全部切って、寝てください。

何もせず、ただじっと休んでください。

あなたには時間が必要なんです。

何もせず、ただじっと荒波に耐えて、凪を待つ時間が。

あなたの回復を祈っています。

 

 

もし動けるようになったら、次の記事を参考にしてください。

うつで動けなくなる時に備えて、元気なうちにしておくライフハックがあります。

でも、今は読むべき時でないかもしれない。

海が凪いだら、また覗いてみて下さい。