発達障害ユーの人生逆転ブログ

ADHDと診断されたユーが、研究挫折・就活失敗・うつ発症から、人生を逆転させる知恵を広めるブログ。うつ脱出、実用本の解説、ライフハック、研究室生活についての情報を伝えていきます。毎週土曜の朝6時に更新+不定期更新。

大学院に行く意味はない!金・時間・精神を失い、就活には役立たず。

三行早見

  • 大学院ではお金、時間がかかる
  • 大学院では精神をガリガリ削られる
  • 大学院は就活に全く役に立たない

 

 この記事を読んでいる皆さん、「理系だからとりあえず院」という一般的な思考にはまったりしていませんか?

 本気で研究者を目指す志と能力が揃っていない限り、大学院へは行かない方が良いです。なぜなら、大学院では金・時間・精神力を失い、そのうえ就活に全く役に立たないからです。

 

大学院ではお金・時間がかかる

 「時は金なり」ですが、大学院ではその両方を多大に消費することとなります。

 大学院では、お金が必要です。

 私が入学を取りやめた、北海道大学の環境科学院を例にとってみましょう。

 試験料3万円、入学金28万円、授業料が2年間で107万円。合計で138万円です。これだけのお金があったら、就職のための勉強と就活を優に1年はできますよね。

 え?奨学金借りればいいって?それ、ただの借金です。毎月10万円借りていたら、あなたは大学院修了の瞬間に、突然240万円前後の借金を抱えながら暮らすことになりますよ。

 その場合、大学院修了時点で、4年生が終わって就職した人間(初任給20万円)との収支の差は、138+240+480=858万円になります。

 また、大学院では時間も削られます。

 特に実験系の研究室に所属すると、実験(実験計画・試薬の混合・化学反応時間・生物の飼育時間・実験器具の掃除など)で、時間があっという間に溶けてなくなります。

 他にも、論文を調べる・論文を読む・実験手法を調べる・実験に必要な基礎知識を勉強する・研究室の人間関係をうまくやっていくなどなど、時間泥棒は随所に存在します。

 あなたの貴重なお金と時間は、全て研究室を回し、研究結果を出すためだけにどんどん消えていきます。しかしながら、お金や時間よりももっと重要な、あなたの精神が削られていくのです。

 

大学院では精神をガリガリ削られる

 精神力は、全ての行動に必要不可欠ですよね。大学院では、精神力をガリガリ消費し、しかも回復できないという事態が発生します。

 まず、研究には、基礎知識の超高度な勉強が不可欠です。(大抵の場合は全編英語です。)

 加えて、実験計画を組むための高度な思考も要求されます。そして、これらの後に、実際に実験操作をしなければなりません。

 結果がいつ出るかは実験操作次第なので、タイムマネージメント能力と強運の両方を持っていない限り、終わらない実験操作に生活を支配されます。

 朝早くから夜遅くまで、あるいは昼夜逆転、もちろん土日休日も実験です。

(法定休日や残業規制はありません。なぜなら、彼らは働いているのではなく「自主的に研究活動を行なっている大学院生」という扱いなのですから。)

 そして、これらを総動員しても、実験が失敗続きで数ヶ月〜数年を浪費するということもザラにあることです。

 加えて、教授陣や学生間のコミュニケーションも、その閉鎖的な環境ゆえに歪んだものになりがちです。

 教授陣は基本的に、結果を出すことが価値判断の最上位です。従って、結果を出せる人間は可、結果を出せない人間は全否定、学生の体調や精神状態など眼中にありません。

 私自身、うつになる前も後も、「結果を出している同期に比べて、全く実験のできない、研究者に向いていない駄目人間」扱いをずっと受けていました。

 また、そのようにトップが扱っていると、学生同士での扱いもそれに影響を受けていくのは自明でしょう。

 脳を全てフル回転させ、休みはなく、しかも結果がいつ出るかわからず、結果が出ない限りは研究室の全員から否定され続ける、という生活が続きます。

 まあ、結果が出せる人以外は、当然うつになって研究室に来なくなりますよね。

 しかも、この苦労は残酷なことに、就活には何の役にも立ちません。

 

大学院は就活に全く役に立たない

 就活について、大学院は全くと言っていいほど役に立ちません。

 まず、就活において求められる能力の、第一位は何でしょうか?円滑なコミュニケーション能力です。

 上記のような生活を送っても、これが身につくとは到底思えませんよね。サークル活動とかに精を出した方がよっぽど身につきます。

 加えて、大学院修了を目指すことは、就活においてメリットがほぼなく、デメリットだらけです。

 大学院修了という肩書きは、一般企業にとっては大学卒業とほとんど変わりません。

 しかも、もし結果を出せず、大学院を修了できなかった場合は、大学院中退という烙印を押されてから、社会に放り出されます。

 大学卒業後、大学院へ進学しなかったなら、そんなものとは無縁の人生を謳歌できたはずなのに。

 さらに、研究室によっては、就活そのものを妨害される可能性があります。教授陣の価値基準は「実験結果を出せること」であり、学生の就活はそれと対極に位置します。

 あなたは、日々教授に許しを請いながら、あるいは隠れながら、あるいは罵倒されながら、今後の人生を左右する就活をしたいですか?

 大学院は、就活を目標に据えた時点で、リスクとデメリットまみれです。就活のためのモラトリアムになど、全くなり得ない現実を直視しましょう。

 

まとめ

 大学院では、お金と時間を浪費し、精神が疲弊しきります。そして、就活の役に立たないどころか、就活の妨害をされる可能性さえあります。

 あなたが心の底から大学の研究者になりたいのなら、大学院を博士まで出ることは必須です。

 でも、本当にそうですか?大学という閉鎖的な環境に居続けて、視野が狭まっているだけじゃないですか?

 一度、企業説明会というものに行ってみてください。きっと、世界がいかに広いか、思い知らされますよ。

 もしあなたが、何となく理系だし大学院へ行こうと思っているなら物申します。

 お前、138万円と2年をドブに捨てて、うつになりながら就活したいのか?頼むから考え直せ。

 そして、あなたが、上記のデメリット全てに打ち勝つ、圧倒的な研究への熱意と、卓越した能力を兼ね備えているのなら。大学院や科学界はあなたのためにあります。どうぞ研究に打ち込み、世界を変えてください。